フェカリス菌ヨーグルト

シェイプアップ作用とか便秘の克服というような効き目が期待されているフェカリス菌といった乳酸菌に注目が集まっていますが、ここに来てひときわフェカリス菌FK-23株が話題となっています。

フェカリス菌FK-23株が含有されている乳酸菌サプリメントや、乳酸菌含有の健康志向食品に関しても目立つようになってきているといったこともありますからフェカリス菌FK-23株の保持している効き目や作用などに関してピックアップしてみました。

ヨーグルトなどにおいてフェカリス菌FK-23株がブレンドされている商品なんかもあるわけですが、どういうわけでヨーグルトならば効き目無しと言われているのかというような今一つ語られないポイントに関してもご説明して行きたいと思います。

フェカリス菌FK-23株の効き目をトータルすると

整腸機能
インフルエンザに関しての効き目
肥満体セーブ効能
感染症ガード作用
抵抗力アップ
抗腫瘍機能
アレルギー・花粉症を対象にした効き目
アトピー性皮膚炎を対象にした効き目

ひととおり整理するとフェカリス菌FK-23株っていうのは上記で述べたレベルの効き目があるということがもうすでに幾つもの検証などの結論として指摘されているわけです。

 根本的にフェカリス菌というものは?

なによりフェカリス菌って元を正せば何になるのか?といった部分なんですけれども、現在ではすでに覚えきれないくらいに幾つもの種類が出ている乳酸菌の中においても球菌と言われる菌体の体積が格段に微小というような特色が見られる乳酸菌のひとつです。

乳酸菌の体積はおっきいのと比較したら微小なほうが利点が多くなってきますが、そのワケはまとめてたくさんの菌を摂り入れることを可能にするからだと言えます。

おっきい菌体の乳酸菌のほうが数量を摂取できるんじゃないの?と思えるかもしれないけれど、菌体の大きい乳酸菌を口にしても菌が腸のいたるところまで行き渡ら無かったりしていまいち効果が現れないまま勢力を弱めてしまうことの方が増えます。

しかしフェカリス菌のような小さい菌だととにかく数を多く取り入れられるので、しっかりと腸の隅々まで菌を行き渡らせてそれぞれの菌によって腸内環境を活性化させていくことができるといった特徴があります。

フェカリス菌の整腸作用

フェカリス菌については、整腸機能を挙げることができます。ヒトに対しての臨床テストで、フェカリス菌の摂り込みに影響されて、善玉菌となるビフィドバクテリウム(ビフィズス菌)の数が増加するということが実証されています。

さらには、便通改善効果も指し示されているというわけです。

花粉症の状態を穏やかにする働きも存在する

フェカリス菌はこのごろひと際話題になっていますが、どうしてかというとお通じ改善作用はもとより、花粉症の状態を軽減する効果も生じるという部分だということです。

スギ花粉症患者20名をターゲットにした実験からでは、フェカリス菌の持続服用に影響されて「鼻かみ頻度」や「目のかゆみ」が好転するということがみられ、その上「鼻づまり」「流涙」も回復する傾向が高いと公表されたのです。

花粉症などといったアレルギー疾患は、体の内側に外敵(アレルゲン)が入り込んだ際に、それに対抗しようと産出される「抗体」が過大生成されて、人体を襲撃してしまうのがきっかけになっています。

フェカリス菌っていうのは当該の抗体の過大生成を抑制する働きを見せる、わかりやすく言うと免疫力コントロール効果が認められるのではと考えても良さそうです。

殺菌させてしまった方が抵抗力上昇作用がアップする?

乳酸菌は生きたままの状態で腸までたどり着く方が効果的だ、と言われています。

間違いなく整腸効果に期待を抱くとすれば、腸内で善玉菌として働いて、腸に刺激をもたらしたり悪玉菌を減少させたりする乳酸とか酢酸を産み出してくれる生菌の方が良いと言えそうです。

しかしながら、免疫性を強める効き目に関しましては、乳酸菌とかビフィズス菌の元が免疫細胞と一体化することによって受けることができるものですから、生菌か死菌なのかは無関係であると考えられています。

実際に、フェカリス菌FK-23に関して、加熱殺菌処置したほうが免疫コントロール効果が強力であるといったことが報告されているというわけです。

食事作用や保存といった部分からも、生菌に比べて死菌の方が落ち着いており取り扱いやすいことから、加熱殺菌処置したフェカリス菌の免疫性向上成果は意識を向けられるといわれているようです。